4月30日

日経新聞の社員さんは、いったいいくらの給料をもらってるのだろう、
今日の国会議員歳費削減の社説を読んで、そう感じました。
国会議員の年棒、2000万円を三割カットしても、1400万円の年棒であり、活動費は政党助成金が分配されている。
これでも、日経新聞は国会議員の台所事情が心配だと、今回の国会議員歳費削減をしずかに静かに見送った、国会議員皆さんにとって本当に有難いエールでしょうね。
日本維新の会の主張がポピュリズムと云われるが、1400万円の年棒があれば十分生活できるでしょ。これが我々の感覚です。
日経新聞の社員皆さんの年棒はいくらなんでしょうね。

4月26日

国会議員の歳費カットが今月末で終了。
維新の会や結いの党、みんなの党で提案した議員歳費三割カット法案は議論さえなされず消費税増税されたと同時に歳費カット終了、まったく理解出来ません。
大阪維新の会が先ず取り組んだのが議員報酬と定数削減です。

4月20日

久しぶりに、完全OFF、買ったままたまっていた本を読み続けた結果、もうこんな時間に、
充電完了です。

3月31日

年度末、今年も数百名の皆さんを定年退職でお見送りいたしました。
本当にご苦労様でした。
健康に留意され、第二の人生を謳歌してください。

3月22日

明日は投票日です。
大阪の未来を担う子供達の為に投票に行って下さい。その一票が大阪の未来を決めます。GOGO!!!

3月10日

本日、旭区と此花区での井戸端会議、この寒い中で、一カ所一時間以上、耳を傾けて頂いた皆様、本当ありがとうございます。
風邪に気を付けて下さい。僕もちょっと喉が・・・。

明日で東北大震災から、まる三年、震災対策に想定外は行政の不作為であります。
大阪府、大阪市は南海トラフ大震災への備えとして、防潮堤の基礎強化並びに、液状化対策をスタートいたしました。

2月4日

メディアにおいて、橋下改革苦戦足踏みとまるで、橋下市長が手抜きしているように伝えられていますが、
地下鉄民営化なんて、もう一年前から議会に提案しているのに、自公民の市議会の皆さんが継続審議で答えを先送りしているのです。一年間議論して答えを出さない、これが議会の現実なんです。
メディアも答えを出さない議会は批判せず、すべて橋下徹の力不足と批判する。
権力をチェックするのはメディアとして当然、しかし、それは首長にかぎらず、議会に対しても同様であるべきです。
地下鉄は黒字だから、何故民営化する必要があるのと訳の分からない批判する人がいますが、そもそも、黒字の鉄道事業を公務員組織でやる必要がないからです。

2月3日

法定協議会において、自民党民主党共産党議員は知事と市長が協力すれば、二重行政二元行政は解消出来る、だから、都構想必要なし、設計図もいらないと二年間言い続けてきました。
であればその主張を選挙でうったえるべきです。

1月18日

昨日の法定協議会であまりにも、屁理屈をこねる発言がありましたので、思わず、エキサイトしてしまいました。
橋下、松井で二重行政二元行政が解消出来るのであれば、制度を変える必要はないというものです。

この発言をした議員は、もう十五年の大阪府議会議員を務められています。
この間、磯村市長、太田知事時代、橋下知事、平松市長時代も二重行政二元行政の解消は出来ませんでした。
今はたまたま、僕と橋下市長が同じ価値観で行政を担っているので、二重行政二元行政が解消されているだけ。
こんなことは十五年議会を経験している議員なら、百も承知なのに、今、出来ているから制度を変える必要なしとの理屈。
そうじゃないでしょ。
人間関係に頼る不安定な二重行政二元行政の解消ではなく、制度として一重一元で意思決定出来るシステム構築が今、大阪に求められている制度であります。

知事の発言、品位として如何なものか、そこは、謙虚に受け止めます。
しかし、本気でやればやるほど頭にくる時があるんです。

10月26日

府庁到着、いよいよ大阪マラソンスタートです。
心配した御天気も最高の秋晴れ、選手の皆さん、大会関係者の皆さんに感謝です。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM